aiko、KAT-TUNをこよなく愛する「ちぃの気まぐれ日記」 あれこれ書いてるので読んでやってください。
Happy time with...YOU
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロミオとジュリエットin大阪
2009年 04月 04日 (土) 01:13 | 編集
行ってまいりました!ロミジュリinブリーゼホール!!

2階席の最前列ど真ん中ということもあってすごく見やすかったです。
舞台全体が見渡せて出演者の表情も見えるくらいの距離やのよね。

感想は・・・感情移入しすぎてやばい!!

細かく言えばあのシーンのセリフが・・・とかいろいろあるんやけど
言葉で説明するのが申し訳ないくらいに素晴らしい舞台でした。

前半は現代版ロミジュリと言われている通りお茶目なロミオとジュリエットが
繰り広げるお遊戯会のような柔らかい空気の中で話が進んでいくんやけど
後半の悲劇の部分に入ってからはさっきまでのほんわかした舞台と一転して
本当に悲しい冷酷な出来事が次々起きて息を呑むような場面ばかりが続くのね。

ちぃはジュリエットよりもロミオに感情移入をしながら見ていたんやけど
毒を飲んで倒れているジュリエットを見つけてかけよるシーンが苦しかったの。
あのシーンは涙と鼻水が止まらなくてオエツみたいになっちゃって(笑)

カーテンコールの時も出演者の方が出てくる度にまた涙が溢れてきて
拍手してる手も震えちゃうし、たっちゃんの自信に満ちた表情にもまた感動。
あとね、たっちゃんと涼子ちゃんが本当の恋人のような空気ができてるというか
そっと肩に手を添えたり、ちょっとした仕草からも愛を感じたのよね。
東京での1ヶ月の舞台と稽古で作り上げられた二人の絆を実感したよ。

会場を出てからもずっとロミジュリの世界から抜け出せなくて
電車の中でも様々なシーンが頭の中に浮かんできて泣きそうになるし
家に帰ってからもパンフを読み返してたら感動がよみがえってきてさ。

明日は千秋楽のチケットをゲットするべく電話しまくります。
もう一度、たっちゃんのロミオを心に焼き付けてきたいので。

本当に本当にとても素晴らしい舞台でした。
こんなにも心を打たれるなんて思ってもいませんでした。
たっちゃん始め出演者の皆様、大きな感動をありがとうございました。



☆KAT-TUNをamazonで購入☆
・「Break the Records -by you & for you-」【初回限定盤】
・「Break the Records -by you & for you-」【通常盤】

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Happy time with...YOU all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。