aiko、KAT-TUNをこよなく愛する「ちぃの気まぐれ日記」 あれこれ書いてるので読んでやってください。
Happy time with...YOU
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何が正解なのかわかんないよねー。
2010年 02月 08日 (月) 22:38 | 編集
今宵も仁君は楽しそうに踊って歌ってるようでうれしい限りだわ。
レポ読むたびに早くプレス入ってくれないかな?と思うよね。
最近あんまりWS期待できないけどちょっとでも雰囲気を見てみたい!!
今のところ確実な少プレのステージリポートに期待せずに期待をね。

レポめぐりしててパンフの仁君の文章に出くわしたんやけど
仁君の心境を読みながらちょっと胸が痛くなったというか情けなかったよ。

アイドルとしての赤西仁も求めてしまうからビジュアルも気になってしまうし
またハット・・サングラス・・ニット帽・・みたいなことも正直思うけど。
仁君が伝えたかったものって私たちが思ってる以上に大きくて深くて
伝わってる?って思ってたことは痛いくらい感じてくれていたんやよね。

でも言葉が足りなかったりちょっとした態度のせいで誤解されてる事も多いし
メディアも悪い事ばかりを取り上げる傾向にあるから真実を見失いそうになる。
ファンも仁君も悪い報道は気にしないようにしててもやっぱり傷つく事もあるし。
きっと芸能界にいる人って特に全てを正していくのがプラスにはならなくて
自分たちが発信するもので証明していくしかないのかもしれないしさ。

「楽しくないときは笑えなかったり」っていうのは理解できるけど・・・
それはプライベートに限るかなってちょっと思ってしまうというか
仕事の時は裏でどんな事があってもそれを見せたらダメだと思うの。
優等生にはならなくていいけどもう少し器用に切り替えれたら楽だろうね。

こーゆう風に凹んでしまう事もあるけど
楽しそうに踊って歌ってる姿を見たり聞いたりすると全部吹っ飛ぶし
パンフの言葉はとてもストレートでこっちが照れてしまうくらい。
山Pのソロコンに行った時に彼の言葉がすごくストレートで深くて
その時に「仁君と親友なのに仕事に対する考えはこんなにちがうのか?」って
若干ショックを受けたというか「山Pってすごいな」って感激したの。

でも今回の仁君のパンフ読んですごく誤解してた事に気付いたし。
もっとちゃんと奥にある感情を読み取らないといけないなって思った。
BANDAGEの密着の映像を見たときにも意識せずに礼儀正しい姿があったり
さりげなく気遣いができる人ってこーゆう人なんだって実感したり。
見習わなきゃいけないなって思うことが数え切れないくらいあった。

かといって仁君の全ての行動に共感できるわけじゃないけど。笑

赤西仁って人は心が読みにくい人だから引き込まれちゃうのかね?
裏切られてもニコッと笑顔見せてくれたら許せちゃうみたいな。

あなたは芸能人に向いてると思うよ。笑

スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Happy time with...YOU all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。