aiko、KAT-TUNをこよなく愛する「ちぃの気まぐれ日記」 あれこれ書いてるので読んでやってください。
Happy time with...YOU
スポンサーサイト
--年 --月 --日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
やっぱKAT-TUNはすごい
2010年 02月 10日 (水) 21:46 | 編集
やっとCDを手にしました。
そしてまずはA Pageの歌詞を熟読・・・。
自分の英語力の無さにショックを受けつつ和訳してみて
その後、ネットの力を利用して和訳を何個か読んでみた。

もう、涙なしには読めないよね。
どーしたらいいかわからなくなってしまった・・・。
英語で伝えてくれてよかったのかもしれない。
日本語だったらここまでストレートな歌詞にできないもん。

こんなにも流暢に英語が話せるなんて羨ましい・・。

ってか仁君・・・
日本語より英語のほうがかまずに話せるね!!

私なんて今やすっかりカタコト英語すら話せないのに。笑

仁君の歌聞いた後に亀ちゃんのソロ聞いたらあかんね。

泣きました。

コンサートで聞いたときから
仁亀ソングにしか聞こえないのよ。

メンバーは A Pageの和訳って知ってるのかな?
あまりに雑誌読んでないから情報がなくて。笑

A Pageの歌詞を読んで当時を振り返ってみようと思って
仁君の休業を知った時10/12の日記その1その2を読み返してみたら
自分でもすごく複雑な心境だったんだなと思った。

その後の日記読み返してみてもなんか無理に強がってるというか
自分で書いた文章なのにちょっと腹が立つくらいに軽いタッチでして。
深く考えないように逃げて明るく捉えることに必死だったみたい。

だってやたら留学をおすすめしてるから・・笑。

今読むとさらに
仁君の複雑な気持ちを全然理解できてなかった。

知れば知るほど赤西仁って人は深いですね。

こーゆこと考え出すと
安易にキャーキャー言ったらダメな気がしてきて
仁亀とかなんだか申し訳なくなるよ。

でも仁先生はウインクが得意技だったりするし
キャーキャーいっても問題ないっすか??

今日は亮ちゃんゲストで二十歳の戦争も歌ったみたい。

だれか私を東京へ連れて行って!!!
スポンサーサイト
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
comment :
password :
secret : 管理者にだけ表示を許可する
 
copyright (C) Happy time with...YOU all rights reserved.
designed by polepole...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。